年越しそばの由来と足を運びたくなる美味い店

年越しそば
 
151216soba
 
江戸時代には定着した日本の風習のようです。
 
 
 
面白い言い伝えがあって、

そばは他の麺類よりも切れやすいことから

「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で

大晦日の晩の年越し前に食べることが習慣化したようです。
 
 
 
昨今、

大晦日に年越しそばを食べる人は

日本人の57.6パーセントにのぼると言われていて

二人に一人が年越し蕎麦を食べていることになります。
 
 
 
あなたは年越しそばは毎年食べていますか?
 
 
 
僕は断ち切るものはあまりないですが

年越しそばだけは毎年欠かさず食べています。(笑
 
 
 
美味いそばを取り寄せて食べるのもいいですが

美味い蕎麦を食べにいくのもアリだとは思いませんか。
 
 
 
僕のオススメ

西武池袋線の東長崎駅からすぐの

手打ち蕎麦 じゆうさん
 
151216150x150_square_31378358
 
 
ここの蕎麦は素朴な中に

蕎麦の風味があって

程よいコシがあって

ほんとうの美味い蕎麦を食べることが出来ます。
 
 
 
詳しくは

こちらから
 
 
 
仕事の途中?で行くのもいいし、

ちょっと綺麗な女性と行くのも・・・

   おすすめです。。
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました