オヤジの学び!梅のルーツを探ってみた!?

何の日

 
梅!
 
 
もう6月なのに時期外れのお話
 
 
 
天文14年4月17日、

京都・賀茂神社の例祭・葵祭で

後奈良天皇が神事をされた際に

梅が献上されたという故事から・・
 
 
 
紀州田辺うめ振興協議会(紀州梅の会)が

6月6日を『梅の日』と制定しました。

 
 
 
花見というと

今は桜を指しますが

奈良時代以前に

花見といえば、
 
160606ume
 
梅だったようです。
 
 
 
花見のシーズンが終わってしまって

花見は出来ませんが
 
 
 
街には

女性という

綺麗な華が咲いています。。
 
そして

色々な気づきがあったりします。
 
 
 

梅にまつわる言葉で

『塩梅あんばい』という言葉があります。
 
 
 
なかなか普段、

使わない例えですが・・

「ものごとのかげん」を指します。
 
 
 
オヤジ達は

少しずつ・・
 
 
 
後悔先に立たずといいましょうか

物事の加減が分かる年頃になってきました。(笑
 
 
 
僕はノー天気の方なので

いつも後悔ばかり・・
 
 
 
色々な人に助けられてきました。。
 
 
 
時には

人生の加減について

考えてみるのも

・・・いいかもしれません。。。
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました