オヤジ達の頑張り!丼太郎に見る男の拘りとは・・

巷のお話し

 
丼太郎!
 
聞きなれないネーミングです。

以前は牛丼太郎という店名でした。
 
 
 
牛丼太郎は牛丼1杯を200円で提供した

新興の牛丼チェーン店。
 
 
 
BSE問題や牛肉高騰の煽りを受け

2013年に倒産。
 
 
 
その当時の侍3人で始めたのが

茗荷谷にある『丼太郎』!
 
 
 
牛丼並の値段は290円。

なか卯より60円、松屋より90円安い値段。
 
 
 
バイトも雇わず

仲間4人でまわしている牛丼店。
 
 
 
以前の牛丼太郎の時の売り上げよりも

2割売り上げが伸びているとのこと。
 
 
 
倒産した牛丼太郎の店を居抜きで借りようとした時、

家賃を倍にされたり、

仕入れを出来なかったりと・・

倒産の負の遺産の壁にぶち当たりました。
 
 
 
捨てる神あれば拾う神ありで

保証金もなく家賃も以前のまま、

かつての仕入先の1社が安く肉を卸してくれたり・・
 
 
 
そんな中、

丼太郎は船出をしました。
 
 
 
男達の拘りをかんじませんか・・
 
 
 
僕は

以前、ファーストフードのお店を出店して失敗。

後に、耐震診断や構造設計の会社を興しまた。
 
 
 
この時も

いろいろな方との出会いや

救いの手があってなんとか会社として

スタートすることが出来ました。
 
 
 
逆行になればなるほど燃える・・

そんな侍が

まだ残っていました。
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました