オヤジの車!ポルシェボクスターという選択

 
ルシェは高嶺の華というイメージがあります。
 
 
でも、年式に目をつぶり

車種に拘りがなければ
 
161219p2
https://www.gtnet.co.jp/import/boxter.php
 
 
161219p
http://auto-agency.ocnk.net/product/259
 
100数十万円でボクスターが手に入ります。
 
 
ポルシェのミッションは優れもので

シフトチェンンジの速さがとても気持ちいいんです。
 
 
そして、ポルシェに乗っているという

ちょっとした優越感に浸ることが出来ます。
 
 
ボクスターはオープンなので

心地よく風を切って走ることが出来ます。
 
 
非日常性を味わう!

ここがオープンの良さです。。。
 
 
もし、隣に井川遥ばりの美女が座ろうもんなら

もう・・運転どころではなくなります。(笑

 
 
ポルシェボクスターとは?

1996年に登場、

水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer )と、

ポルシェのオープンモデルの呼び名である「スピードスター」(Speedster )を

掛け合わせてボクスターと名付けられる。
 
 
新開発されたM96 水平対向6気筒エンジンをミッドシップに搭載。

排気量 2,480cc  出力 206PS

車両重量 1250kg

価格 1997年式 ティプトロニックS 725万円
 
 
2005年、

ドイツの国際的第三者試験認証機関TüVが発行した

自動車に関するテストレポートにおいて故障率2.6%と最も故障が少ない車として認められる。
 
 
私はミーハーな性格な故、

オープンは BMW 318iバァウアー 、Z3に乗っていたことがありました。

それぞれに個性があり、長所も短所もありました。
 
 
オープンの良さは・・

『風を感じながら走る』これに尽きると思います。
 
SANYO DIGITAL CAMERA
http://yaplog.jp/sekiai/archive/410
 
 
 
偶然通り掛った日産のデーラーがポルシェを扱っていて、

たまたま、ボクスターに試乗することが出来ました。
 
 
その時の印象

車高が低い!

オートマの変則スピードが異常に早い!

ハンドルがクイック!

 
今でも、その時の余韻が蘇ってきます。

 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました