オヤジだけど?チョコに纏わるお話し

もうじき、レンタインデーがやってきます。
 
 
プレゼントの仕方も

本命やら、

義理チョコ、友チョコ、自分にご褒美など

多種多彩になってきました。
 
 
何を隠そう・・私は顔に似合わずフランス菓子のお店で働いていました。
 
バレンタインの日には

売る側ですから女性の心の機微のようなものを感じながら

チョコを売っていました。
 
 
私のいたお店は

古くから手作りチョコを扱っていて

バレンタインの時は陶器の器にトリュフを入れて販売していました。
 
 
プライスが他のお店よりも高く万人向けではなかったので

購入してくれる層が限られていました。
 
 
今時のチョコレートはいい材料をふんだんに使っているので

どこのお店のチョコもそこそこの味を出しています。
 
 
そして、世界の有名店のチョコが味わえるのも

チョコ好きにはたまならないところです。
 
 
パリの有名なショコラティエのひとつである

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 表参道店
 
スペイン発のカカオサンパカ カフェ 南青山店
 
ベルギー発の
ピエール マルコリーニ
 

忘れてならないのが生粋の日本のお店

1982年創業の
東京・白金台のショコラティエ・エリカ


 
 
チョコレートはお金を出せば美味しいチョコに

巡り会える確率が増えますが

どこかで自分の財布との帳尻を合わせることも大事(笑
 
 
プレゼントをする場合、ブランドももちろん大事ですが・・

ブランドよりももっと大事なものもあります。。。
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました