オヤジの耳学?2月の趣は雨水から・・・

水(うすい)!?
 
雨水は

立春から数えて15日目頃を指します。
 
 
26017年の今年は2月18日が雨水になります。
 
 
雨水とは

空から降るものが雪から雨に変わり、

氷が溶けて水になるという意味があり、

自然の流れの趣が少しばかり心を癒してくれます。
 
 
 
草木が芽生える頃は

昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。
 
 
春一番が吹くのもこの頃です。

でも、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもしますが

三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。
 
 
地方によっても様々ですが、

この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるとも言われています。 
                       (日本の行事・歴より)

 
 
 
周りに聞けないオヤジの耳学

よく耳にする三寒四温・・
 
三寒四温とは

寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かくなります。

これを繰り返しながら、だんだん暖かくなり、春へと向かいます。
 
 
もともと、中国北部や朝鮮半島の冬の気候を表す言葉で、

後に日本に伝わりました。
 
 
 
ここ最近はあまり雨が降っていませんが

あると便利なのが防水スプレー!

 

 
スエードの靴や革ジャンにスプレーしておくと

不意の雨から大事な靴や革ジャンを守ってくれます。
 
 
汚れも未然に防いでくれるので

一本は下駄箱の中に忍ばせておきたいですね。
 
 
 
まだまだ寒い2月!
 
前号でアスコットタイを勧めていますが

ちょいと大きさに難があります。
 
 
アスコットタイでは小さくてストールでは大き過ぎて

程よい大きさのモノがありません。
 

そこで、私は気にいった柄のストールを
 

 
思い切ってハサミで切って、
 
 
 

 

襟元の暖かさと小洒落感を楽しんでいます。
 
 
 
 
今日のオマケ!
雨にちなんで・・心安らぐ 雨に唄えば    癒されて下さい。
 


 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました