17年分の思い出をくれたタロ

2月11日の午前中に

17年生きたヨークシャテリアの雄のタロが他界しました。
 
 
17年間、楽しい事、辛い事を共に過ごしてきました。

色々な思い出が走馬灯のように蘇ってきます・・・

ありがとう。
 
 
タロは兄弟のなかでも

奥手な性格で、

いつもマスオさん状態でした。
 
 
でも玄関で物音がすると

真っ先に走って行って威嚇します。

少し男気があって筋肉隆々のヨークシャテリアでした。
 
 
亡くなる少し前から

痛みからなのか

か細い声で鳴いていました。
 
 
抱いてあげると

その鳴き声も少しやみました。

安心したのでしょうか・・・
 
 
犬は喋ってはくれません。

でも、人の気持ちを察してくれて

目で物を言ってくれます。
 
 
今も、そばにいてくれる

そんな気がしてなりません。
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました