真鶴の端の小さな漁港の心癒される花火大会とは?

巷のお話し

 

 
夏の夜を彩る花火大会の季節がやってきました。
 
 
花火には鬱積された日頃の疲れが飛んでいってしまう

不思議な力があります。
 
 
隅田川や横浜など有名な花火大会もありますが

小さな町で開催される花火大会にも

見る者を魅了する仕掛けがあったりします。
 
 
以前、私は真鶴の岩港の花火を見に足を運んだことがあります。
 
 
時間にすると20分程の短い時間ですが

その20分間に見る者を飽きさせない

花火のストーリーに吸い込まれていく不思議な体験をしました。
 
 
普段住んでいる街の雑踏から離れて花火をみる・・・

そんな夏の夜の過ごし方もいいかもしれません。
 
 
 

8月上旬/岩海岸夏まつり
灯篭流し
岩海岸にて行われる先祖供養の行事。
海上には600余基の灯籠が流されます。
海上花火大会もあり。
会場:岩海岸一円
■時間:18:00~21:00
 (天候不良の場合は8月 日に延期)
■会場:岩海岸一円
<昨年の行事>
18:00~18:55/岩囃子太鼓演奏
17:40~18:50/灯篭神輿巡航(瀧門寺~岩海岸)
18:00~ /灯篭曳航開始
19:00~19:45/法要・ご詠歌・一般焼香
20:00~20:45/灯篭神輿巡航(岩海岸一円)・盆踊り
20:45~21:00/海上打上げ花火・岩囃子太鼓演奏
(あくまでも予定ですので当日変更する場合もあります) 資料 真鶴旅館組合より
  
よくお世話になった宿 さざ波
魚が新鮮で料金も安い宿です

さざ波
 
 
 
真鶴の夜を車で流す・・・
 

 
オヤジはこんな後ろ姿にやられてしまいます。
 

MGA Twin Cam (1958〜)

1,600ccDOHCエンジン
MGAは、現代の乗用車のようなモノコックボディではなく、全金属製のラダーフレームに、
エンジン、トランスミッション、リアアクスルなどを架装し、その上に空力設計を大きく考慮した金属製のボディを載せてある。
床板は合板。
 
フロントサスペンションは、アッパーアームがレバー式ショックアブソーバーのアームを兼ねるウイッシュボーンを採用。
リアサスペンションは半楕円7枚リーフ式によるリジッドアクスル。
ブレーキは前輪、後輪共ソリッドのディスクブレーキ。いずれも倍力装置は備えない。
資料wikipediaより
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました