秋の遊び靴|オヤジの拘りのポイントとは?

シューズ

秋の遊び靴

9月になりました!秋の到来で着るものも食べるものも変わろうとしています。靴も真夏の太陽の下で映えた白から秋色に変わる時がやってきました。

                                           画像 travel.jp

素材を見てみると冬のものと思われていたスエードの靴が今では通年を通して履かれるようになり、特にスエードの茶は秋靴の定番で、下駄箱の中には必ず一足は入っているのではないのでしょうか。

オヤジの拘りのポイント

とことん茶色に拘ってみる!

画像 kurumani


画像 vector-park

なかでも、スエードの薄目のいい感じの茶色は小洒落感を演出してくれます。

画像 BCR

キャンんパス生地もいい味淡いを醸してくれます。

茶色ならなんでも良いという訳ではなく、薄い茶でも綺麗めな茶を選ぶところが肝です。

参考 薄めの茶色の靴

スエードカジュアルプレーントウ

https://www.regalshoes.jp/shop/g/g51MRAH_____BEGS_235/

 

 

ヴァルカナイザー LOW CUT

http://zozo.jp/shop/urbanresearch/goods-sale/28916725/?did=51441048

 

靴が決まったら横浜辺りを散歩

 

  

元町商店街を抜けて港の見える丘公園までの坂道の途中にアートギャラリーヤマテがあります。

ここで普段の雑踏から暫しの美の世界に浸ってみるのもいいかもしれません。もう暫くすると油絵で絵ががれたイタリアの街並みを見ることが出来ます。

ほど良い疲れを感じたら、旨い食事が待っています。

ポートサイドレストラン kishida

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140212/14004444/

ポートサイドレストラン kishidaは以前から利用させて頂いでいますが、ランチでも良し、ディナーではコースも良いですがアラカルトで好きな料理を頬張るのも良いかと思います。

今日の車

秋色の風情を感じるにはゆっくりとオープンで流すのが良いかもしれません。

フォルクス・ワーゲン ザ・ビートル カブリオレ

日本での販売が終了してしまったザ・ビートル カブリオレ。ボディサイズがやや大きいのが難点ですが、魅力的な車です。排気量は1200CCと小さめですがターボのお陰で街中ではストレスなく運転することが出来ます。大きさ故かアメ車を運転している感じがあります。

直列4気筒SOHC8バルブICターボ  総排気量1197cc 最高出105ps(77kW)/5000rpm最大トルク17.8kg・m(175N・m)/1500~4100rpm全長×全幅×全4270×1815×1485m車両重1380kg

 

いざ、箱根へ!

箱根新道を芦ノ湖まで一気に駆け上がり、箱根神社に立ち寄り眼下にに芦ノ湖を見ながら湖尻を抜ける。

仙石のススキのまでのコースは癒しとドライブする楽しさを与えてくれます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました