ジレ!中身が格好良くなっても、オヤジは変わらない?

お洒落

ジレを格好良く着る

小春日和の日もあるけれど、日一日と寒くなってきた今日この頃、ヒートテックだけでは冬は乗り切れません。

オヤジの秘策?は『ジレ』

以前はベストと言われていましたが最近は小洒落た名称になりました。

フランス語でベストのことをgilet=ジレと呼ぶようです。(汗
 
見てくれが第一優先のオヤジはブルゾンやジャケットの下にセーターは着ません・・・

セーターだと余計に腹ぼてや胸のたるみが目立つからなんです。(笑
 
さて、ジレ!

少しですが寒さを凌げるし、ちょいとカッコイイのがジレ。

気をつけたいのがサイズと柄と色。

サイズは丁度ピッタシだと、よりスマート感を演出してくれます。

柄と色はその時々のTPOに合わせることが大事・・・オヤジのセンスが試されます。


ダブルのジレをカジュアル感覚でさりげなく着こなすと小洒落たオヤジになります。

画像 yahoo
こんな着こなしを見習いたいものです。ジレはお腹周りがスマートでないと似合いません。

下町ロケットで出てくる財前部長はとてもジレが似合っています。

冬は美味しいものが多くて且つ運動不足になりがちなので、日頃の摂生がポイントになってきます。
 
平成最後の冬!

格好良くジレを着こなせるかどうか・・・それはあなた次第です。

参考にしたいHP

G-stage ボタンアップ千鳥柄ジャガード ジレ

MEN’S MELROSE プライムフレックスネオツィードジレ

ダブルブレストジレ
 
 

今日の寄り道

歩いていて飽きないのが銀座。人混みの雑踏のなかで聞きなれない言葉や新しい発見が出来ます。
デパート巡りもいいし、文房具のお店やパイロットショップを見て廻った後のランチがさらに美味しくなります。

今日のランチは元祖カツカレーのお店『銀座スイス』

カツとカレーを一緒に食べたいという発想から生まれたカツカレー。素朴な味で今でもファンが絶えません。
銀座スイス
 
 
今日の車
ゴルフⅠ カブリオ 1992年-最終限定車クラシックライン


直4 1.8L SOHC インジェクション(カブリオ後期)
全長 3,725 mm
全幅 1,610 mm
全高 1,410 mm
引用 フォルクスワーゲン・ゴルフ
現代の車にはない角ばったデザインは今尚新鮮です。クルマ好きはこんな車にやられてしまいます。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました